いつぞやの・・・

2018.09.16 Sunday

2014年のある日、住んでいた古い文化住宅の壁の中からニャーニャー聞こえるので、

壁をめくってみると、小さい子猫が出てきました。

どうやって入ったのか、親猫も育児放棄してしまったようで、はじめて子猫を保護しました。

幸い、お友達が快く里親になってくれました。

それからもう4年。あの時の子猫は立派に育ちました。

 

IMG_3379.JPG

 

IMG_3376.JPG

 

丸くなったり、棒状になったり、指をしゃぶったり・・・。

関連する記事
コメント
コメントする